胃酸コントロールや胃腸の不快症状に制酸薬

夏バテして食欲がない、食べ過ぎて胃がもたれている、ストレスで胃がキリキリ痛い、こんな時どのような胃腸薬を選ぶのが正解か迷う方も多いでしょう。
薬局やドラッグストアにはたくさんの胃腸薬がずらりと並んでいて、その迷いは更に複雑化してしまうことでしょう。
胃腸の不快症状にはそれぞれ原因があり、症状によって選ぶべき薬のタイプも異なります。
よく見られるのは、いわゆる総合胃腸薬と呼ばれるもので、胃痛、胃酸過多、胸焼け、胃もたれ、腹部膨満感といった諸々の症状がある場合によく効く成分が配合されています。
そのため、一般的によく購入されている胃腸薬になります。

胃腸薬には大きく分けて、H2ブロッカー、健胃薬、消化薬、制酸薬、鎮痙薬があります。
H2ブロッカーは胃酸の分泌をコントロール、健胃薬は食欲不振を改善、消化薬は消化を補助、制酸薬は胃酸を中和、鎮痙薬はストレスによる胃の緊張や痙攣をやわらげるといった効果があります。
そのため、食べ過ぎで胃もたれしている時やストレスで胃痛がする時に健胃薬を飲んでも、効果があるどころか逆に悪化してしまうこともあるので、注意が必要です。

最近では逆流性食道炎と診断される人も増加しており、胃酸過多に悩んでいる人が増えてきています。
そのような場合は、H2ブロッカーや、制酸薬が適しています。
ただし、精神的ストレスによる胃痛や胃の不快症状は自律神経の乱れに起因していることがあるため、鎮痙薬や漢方薬を試してみることも一つの手です。

しかしながら、胃腸の不快症状が長期にわたり続く場合は、実は重大な病が潜んでいる可能性あります。
気になる場合は自己判断で市販薬を飲み続けるのではなく、病院を受診し医師の適切な診断を受けることが大変重要です。

関連トピックス